会社概要

社名
株式会社ハイペリオン ( Hyperion co,.ltd )
ホームページ
http://www.hyperion.co.jp
本社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-40-12 西池袋第一生命ビル6F
TEL:03-5956-7550 FAX:03-5956-7551
朝霞支店
〒351-0034 埼玉県朝霞市西原1-4-28 カルム朝霞台1F
TEL:048-470-1000 FAX:048-470-1001
事業部
環境物流事業部 http://matebank.jp
薬剤師派遣事業部 http://pharmapremium.jp
派遣事業部 http://www.hyperion-job.jp
設立
2006年5月24日
資本金
10,000,000円
代表取締役
瀬川英則

代表挨拶

ハイペリオンの名前の意味は、ギリシャ神話に登場する太陽の神です。
お客様、弊社社員、スタッフそして、地球すらも太陽のように照らして育み、自社の成長を支えてもらえたらと思い名前を付けました。
また、ハイペリオンは「高みを行く者」という意味もあり、弊社もクライアントもタッグを組んで高みに行けるように、様々なソリューションを展開する会社です。

CSRという言葉が聞かれるようになってから久しいですが、一企業が社会に貢献するということは非常に難しいことです。
現代社会は、環境破壊、食糧危機、水不足とかつて経験したことのない地球規模の課題に直面しています。
そのような先行きの見えない中、人間に何ができるのか?微力な弊社でなにができるのか?
日々考えてまいりました。

そして、弊社は、顧客課題を解決し営利を追求する本来のコンサルティングサービス企業の枠組みを超え、少しずつ環境問題についての取り組みを始めることにしました。

環境についてお考え頂けるクライアントに、真の取組をご理解いただき、
ともに環境保全を図ると同時に、企業経営には必要な営利の実現にも努めてまいります。

2011年2月 代表取締役 Hidenori Segawa

ハイペリオンの歩み

2006/5
埼玉県朝霞市に物流業者向け人材派遣サービスを主業務として株式会社ハイペリオンを設立
2006/8
一般労働者派遣事業の許可を取得し、人材派遣サービスを開始 <般11-300219>
2006/11
運送業および人材派遣業向けビジネスコンサルティングサービス開始
2007/2
事務系一般労働者派遣業務開始
2007/6
社員教育支援として「ロジカルシンキング」・「コーチング」の研修プログラムサービス開始
2007/7
人材派遣業向けパッケージソフトウェア開発の為の準備室開設
2007/7
一般消費者向け生活支援サービスのための準備室開設
2007/8
コーチング研修を強みとしている株式会社フォーバイフォーとパートナー契約を締結
2007/8
職業紹介及びヘットハンティング事業を目的として2007年8月1日有料職業紹介許可取得 <11- ュ - 300173>
2008/1
職業紹介及びヘットハンティングサービス開始
2008/1
システム開発およびパッケージソフト販売を目的として、モンゴルにシステム開発を専門とする支社を設立
2008/8
人材紹介部門強化を目的として池袋オフィスを開設(サンシャイン60 45F)
2008/8
製薬業界向けCRMコンサルティングサービス開始
2009/3
プラス ロジスティクス株式会社と業務提携の契約を締結
2010/4
セールスフォース(SFDC)のSFA導入支援に関するプロジェクトマネジメント及び開発サービス開始
2010/6
受発注システムのSaasサービスを開始
2010/12
朝霞支店にて目標の単月売上2000万を達成
2011/4
株式会社 環境総合研究会と業務提携の契約を締結
2011/9
株式会社アンジェロと資本業務提携の契約を締結
2011/11
川越支店開設
2011/12
所沢センター開設
2012/5
入曽センター開設
2012/10
マテハン機器の3Rの仕組みを構築
2014/6
薬剤師職業紹介及びヘットハンティング事業を目的として2014年6月1日有料職業紹介許可取得 <11- ュ - 300485>
2014/9
マテバンクセンターを東松山に開設
2014/10
名古屋支店開設
2014/12
業務拡大に伴い、池袋駅東口から西口に池袋オフィス移転
2015/1
愛知県大府市に中部センター開設

事業内容

  • ロジスティクス
  • CRM
  • IT
  • 業務改善
  • 人材
  • 人材派遣
  • 業務委託・業務請負
  • 人材紹介
  • 労務管理委託
  • バイオマスコンサルティング
  • 廃棄物のバイオガス化及び発電
  • バイオディーゼル燃料へ変換→販売
  • エコ・アクション・ポイント発行
  • マテリアルハンドリングの3R